太陽光発電システムを導入する場合に知っておきたい発電量に影響する要因とは?

メーカーが製造している同じ太陽光発電システムを導入したから同じ効果があるのではありません。
同じ地域であっても発電量は違ってきます。
もちろんですが、設備が違ってくると発電量も異なります。
では、どういった要因が発電量に関係してくるのでしょうか?
この章では、それを明らかにしたいと思います。
 
田舎の遊休地の土地活用方法で注目されているのが野立ての太陽光発電です。
遊休地のまま放置していてもお金を生み出すことはありません。それどころか、固定資産税がかかります。
管理されていない土地は荒れ果ててしまいます。
そんな土地は不法投棄される場所として最適なので困った状態になります。
 
ですが、導入する前にはさまざまなことを知っておかないと失敗してしまいますので、頑張って知識を増やしましょう。
 
日射量による影響
日射量は日射によるエネルギーの量のことを指します。
日射量は日本の場合、北に行くほど太陽の高さは低くなります。
南へ行くほど太陽高度が高くなります。
つまり、北海道よりも沖縄のほうが発電には有利になります。
 
では、北の高い緯度の地域は向いていないのでしょうか?一概にそうとは言い切れません。
太陽高度の高さだけで日射量は決まりません。降水量も関係します。
雪が多い日本海側と雪が少ない太平洋側では日照時間も違います。それに応じて日射量も異なってきます。
 
ざっくりと言いますと、関東地方から西側の太平洋エリアに日射量の多いゾーンがたくさんあります。
しかし、北海道の東部の太平洋側も十分な日射量を得られる例もあります。地域性があるのです。
 
地形も影響があります。朝は地平線から太陽が昇ります。
夕方は西の山があって早く太陽が隠れてしまう場合など、土地としては開けていても、特定の時間帯で日射量が不足してしまう例もあります。
太陽光発電システムは日照が大きく影響するのです
 
設備に規模による影響
太陽光発電システムの規模が大きくなればなるほど発電量は増えます。
大きく影響があるのは、その中でも発電パネルの性能がどうかです。
変換効率が好調ならば、効率良く発電できます。同じ面積での設置であっても発電量は多くなります。
しかし、変換効率が良い発電パネルは高額になりますから、投資してもペイするのかどうかを検討しなければなりません。
 
太陽光発電システムは長期間の運用になります。性能が劣化することも想定しておかなければなりません。
パワーコンディショナーなどの付属設備のクオリティーによってもロスがでてきます。
こういったように設備によって発電量に影響がでてきます。
 
方角による影響
発電量を考える場合に、南向きがベストチョイスになります。太陽は東から昇って南を通過して西に沈むからです。
太陽光発電システムは野立てに設置することが多いです。
太陽光発電パネルの向きは自由に決定できます。
しかし、ビルや自宅の屋根に設置する場合は、その屋根がどちらの方角に向いているのが大事な要素になります。
山林で太陽光発電システムを導入する場合も周囲の自然環境に注意が必要で方角は大事な要因になります。
 
温度による発電量への影響
太陽光発電システムで利用する発電パネルは、太陽光全部を電気に変えることはできません。
一部は熱を発生します。半導体を使用していますから、設備自体が高温になってくると発電量も落ちてしまう特性があるのです。
冬の時期よりも夏の時期の方が温かいですから、太陽エネルギーも大きくなります。
発電量は大きくなるのですが、温度も上がって変換ロスが増えてしまうことを覚えておきましょう。
 
理想的には、発電パネルを冷やしながら運用すればいいのです。
それができれば効率良く発電量を確保できますが、コストが高いです。
採算性が合わないケースが多いので導入しているところは、ほとんどありません。
温度を冷やす方法は風を使う場合もありますが、風圧を受けます。
強度の面で注意しなければなりません。
風も自然現象ですから風速によって冷却効果が左右されてしまいます。
風が強い日は天気が悪い場合が多いですから、発電量が少なくなり、冷却しても無意味で効率が悪いのです。
 
傾斜角の違いによる発電量の影響
太陽光発電の発電パネルに傾斜を付けることを傾斜角といいます。できるだけ太陽光を垂直に受けるための角度です。
太陽は季節によって高さが違いますし、昼でも真上にくるのではありません。
理想的には太陽の高度に応じて傾斜角を変えられるシステムです。
そういった装置を搭載はできますが、設備投資が膨大になります。
現実的には、平均的な高度になるように計算します。春分や秋分にあわせて傾斜角を決めるのが基本です。
問題は発電パネルに傾斜をつけることで影ができることです。
現実的には発電に最適な傾斜角と設置上の最上の傾斜角は一致しないものです。




  名入れ ライター

一枚板

キックボクシング 大阪